アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

米国株 Waste Management <NYSE: WM>に投資実行 (3)

 f:id:koto-x:20180111022203j:plain

  

昨日に続きWaste Management <NYSE: WM>への投資理由を紹介する。

  

・Waste management紹介記事

www.investor-2018.com
www.investor-2018.com

 

それでは、Motleyによる廃棄物処理企業のWaste Managementを紹介する。

 

Waste management は必要不可欠なビジネスで存在感のある企業で需要がアウトソースされたり破壊されたりする驚異は限定的だった。経済成長が続く限り、ごみの総量もそうなるだろう。

 

・そういった理由もあり、株価は6年間コンスタントに市場平均を上回っており、元を辿れば上場した1988年が最初だ。
Waste managementは16年連続で増配しており、フリーキャッシュフローの40%~50%を回しており、配当利回りは1.8%程度。経営陣は自社株買いによる株価成績を加速させることにかなりアグレッシブだったが、現在はAdvanced Disposal社の買収により停止させている。

 

・株価は伝統的に安くはなくフリーキャッシュフローの25.7倍、純利益の26.2倍で取引されているが、競争優位なポジション、これまでの実績、力強い経営陣によりプレミアムの評価は継続すると考えており、市場平均を引き続き上回るだろう。


・リスクと売却タイミング
Waste management の競争優位性の一部は買収によりもたらされているが価格次第だ。総負債は107.5億ドルに上昇し、負債比率は168% 。これらの指標は現在深刻な問題とみていないが、注目し続けるべき。EBITDA有利子負債倍率は会社目標の2~3の高い水準に取引完了まで留まり、これの意味するところはおそらく大きな買収は暫くないことを意味する。