アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ

米国株 CrowdStrike (NASDAQ: CRWD)に投資実行 (3)

 

f:id:koto-x:20180111022203j:plain

  

前回同様、自社Falcon platformを通じてサイバーセキュリティのサービスを提供するCrowdStrike (NASDAQ: CRWD)への投資に至った経緯である投資サービスMotley推奨理由を紹介する。今回は非常に大きなビジネスチャンスについて。

 

・前回までの記事

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

 

・非常に大きなビジネスチャンス

なぜ企業がサイバー攻撃から保護する必要があるのか理由は明確だ。

Equifax (NYSE: EFX), Target (NYSE: TGT), Home Depot (NYSE: HD)といった広範囲に渡るサイバー攻撃を経験した企業をみれば、それぐらいの損失・被害を受けたか、そして企業のデジタル資産を守ることの責任があるかが理解できるだろう。

 

難易度が高いのは、これらのサイバー攻撃にどのように対処するのがベストな選択なのかを決めることだ。歴史的にサイバーセキュリティ産業はクライアント側で防御手段をインストールする手法に頼ってきた。

それは既に分かっている脅威に対してテクノロジーを使って防ぐことだったが、新しい脅威に対しては対処することができなかった。

効果的な防御対処をするために定期的なアップデートが必要だったが、それでも攻撃履歴は完全とはほど遠かった。

デジタルテクノロジーがより広範囲におよび、洗練されてきており、企業の顧客は伝統的なサイバーセキュリティの対処では十分な効果を発揮できないことに気づいた。

代わりにより簡単に対処できて、かつサイバー攻撃に効果的に止められるソリューションを必要としている。それはより大規模で増え続けるデジタル資産を防御できること。