アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ

米国株 CrowdStrike (NASDAQ: CRWD)に投資実行 (2)

 

f:id:koto-x:20180111022203j:plain

  

前回に続き、自社のFalcon platformを通じてサイバーセキュリティのサービスを提供するCrowdStrike (NASDAQ: CRWD)。

投資に至った経緯である投資サービスMotley推奨理由を複数回に分けて紹介する。今回はイントロ。

 

・前回の記事

www.investor-2018.com

 

・イントロ

 過去3年の推奨銘柄を振り返る。

36銘柄推奨した内、25銘柄の株価はプラスリターン、その半分は50%以上上昇した。

11銘柄は元値の2倍以上になり、4銘柄は4倍以上になった。2銘柄は5倍以上になったが、一方で失敗をした銘柄もある。

それが、例えばStitch Fix (NASDAQ: SFIX)で、株価は推奨時のおよそ半分に下落した。

またCharlotte's Web Holdings (OTC: CWBHF) は73.5%も株価が下落し、最悪だったのは. Luckin Coffee (NASDAQ: LK)で3月と比較すると94.8%下落した。

推奨リストの銘柄での投資を成功させるために、下記のシンプルなルールに従う必要がある。

1) すべての銘柄に投資するか、大半の銘柄に投資する。

2) 最低5年はホールドする。

3) 60%の銘柄から利益を得るが、40%は得れない想定をしておく。

4) 市場は時々20%~30%下落すると想定しておく。

 

これらの統計的に意義のあるルールを心に止め、新しい推奨銘柄であるplatform-as-a-service (PaaS)を手掛けるサイバーセキュリティ企業のZscaler (NASDAQ: ZS)は株価が当初の数倍になった。これに加え、CrowdStrike (NASDAQ: CRWD)を紹介する。

CrowdStrikeは非常に大きいビジネスであるVerizon Communications (NYSE: VZ), Amgen (NASDAQ: AMGN), Goldman Sachs (NYSE: GS)の防御を手助けする。

サイバーセキュリティ戦争で起きつつある脅威に対処するアプリケーションを提供している。