アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ

米国株 CrowdStrike (NASDAQ: CRWD)に投資実行 (9)

 

f:id:koto-x:20180111022203j:plain

  

前回同様、自社Falcon platformを通じてサイバーセキュリティサービスを提供するCrowdStrike (NASDAQ: CRWD)投資に至った経緯である投資サービスMotley推奨理由を紹介する。

今回はなぜ今投資するのかと潜在的なビジネスリスクとなぜCrowdStrikeは今日投資する価値があるのかについて。

 

・前回までの記事

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

 

 

・潜在的なビジネスリスク

多くのSaaS/PaaSをビジネスモデルにする企業と同様に、CrowdStrikeの株価のバリエーションは極端なぐらいリッチな水準にある。

市場規模は190億ドルあり、CrowdStrikeの2020年度の売上の40倍の水準である。

サイバーセキュリティのスペシャリストの成長率は、売上の株価倍率の速やかな低下を可能にし、また資産が少ないバランスシートにより経済的な規模の恩恵を簡単に受けることができる。

しかし、高い株価バリエーションがあり、非常にボラティリティは高く、昨年秋に見たように新しく株式公開したばかりのCrowdStrikeの株価は数ヵ月で半分にまで低下した。COVID19の影響が出てくるより前の景色である。

 

・なぜCrowdStrikeは今日投資する価値があるのか

あらゆるサイズのビジネスは、デジタル資産の強みを最大限使うことの必要性を認識している。