アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ

米国株 Neurocrine Biosciences (NASDAQ: NBIX)に投資実行 (6)

 

f:id:koto-x:20180111022203j:plain

  

前回に続き、神経系や内分泌系の病気への製薬開発をするNeurocrine Biosciences <NASDAQ: NBIX>への投資に至った投資サービスMotleyの推奨理由を複数回に分けて紹介する。

  

・Neurocrine Biosciences 紹介記事

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

 

それではバイオ製薬の研究開発するNeurocrine Biosciencesを紹介する。

 

・リスクと売り時

Neurocrineは製品の承認と利益を得た。従って他のたくさんのバイオテクノロジー企業よりリスクは低いと考えられる。

しかし、IngrezzaとOrilissaが産み出すお金が現在の企業価値の大部分の妥当性を表しており、劇的なアップサイドはパイプラインから更なる成功する製品に係っている。

企業価値の幾分かは常に不確定さを伴っている。

 

その間、Ingrezzaの売上は非常によく伸びているが、リスクがないわけではない。

承認されてから数ヵ月後にTeva Pharmaceutical Industries' (NYSE: TEVA) のAustedoという遅発性ジスキネジアに対する2番目の製薬が承認された。

Austedoは薬の摂取頻度が更に高く、FDAは薬に関係するうつ病リスクの警告を発しており、Ingrezzaに十分な魅力を与えている。

 

それでもAustedoは医師に理解されており、究極的にはIngrezzaの市場シェアを奪う可能性がある。ピークの売上目標に関連する質問である。

更に、Austedoは欧州で売られており、Neurocrineは欧州への参入をパートナーと計画しているが、まだ何も発表されていない。