アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ

米国株 Neurocrine Biosciences (NASDAQ: NBIX)に投資実行 (4)

 

f:id:koto-x:20180111022203j:plain

  

前回に続き、神経系や内分泌系の病気への製薬開発をするNeurocrine Biosciences <NASDAQ: NBIX>への投資に至った投資サービスMotleyの推奨理由を複数回に分けて紹介する。

  

・Neurocrine Biosciences 紹介記事

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

 

それではバイオ製薬の研究開発するNeurocrine Biosciencesを紹介する。

 

・第二幕

Neurocrineは、Ingrezzaに似たような次世代の製薬開発をしており、トゥレット障害を含めた他の疾病を対象にしたものである。

短期的な視点では特に2つの領域で期待できるもんがあり、1つがパーキンソン病でもう1つが先天性副腎過形成症である。

 

パーキンソン病について、NeurocrineはVoyager Therapeutics (NASDAQ: VYGR)とパートナーシップを組んで、遺伝子治療に取り組んでいる。

パーキンソン病への主な対応として、レボドパ・カルビドパ合剤があり、ドーパミンの発生を促し、症状の緩和をする。ただし、時間の経過と共に効果は弱まる。

遺伝子治療は、レボドパの効果を永続的に増やし、AADCと呼ばれる酵素の生産を加速させるようだ。フェーズ2の研究は進行中で、2020年中に完了すべきだ。

もし結果が力強いものになれば、比較的短期間の承認に繋がる基礎となるだろう。

あるいは十分メリットをサポートするのに十分なものになったら、会社はフェーズ3に進むための研究を行うだろう。