アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

米国株 Neurocrine Biosciences (NASDAQ: NBIX)に投資実行 (2)

 

f:id:koto-x:20180111022203j:plain

  

前回に続き、神経系や内分泌系の病気への製薬開発をするNeurocrine Biosciences <NASDAQ: NBIX>への投資に至った投資サービスMotleyの推奨理由を複数回に分けて紹介する。

  

・Neurocrine Biosciences 紹介記事

www.investor-2018.com

 

それではバイオ製薬の研究開発するNeurocrine Biosciencesを紹介する。

 

・それは1つから始まった

ブロックバスターの製薬作りについて触れるのはIngrezza。

Ingrezzaは2017年4月に承認されて、遅発性ジスキネジア(tardive dyskinesia)という病気への最初の治療薬となった。

遅発性ジスキネジアは、抗精神病薬の長期間の使用により発症する病気である。

患者は顔が制御できない動きに苦しまされ、極端な場合薬物の使用をやめたとしても、症状が止まらない。

その汚名は、その人生において精神疾患として付きまとい、現在よりひどくなる場合もある。そういった環境から患者と医者各々にとって新しい選択肢を待ち望んでいた。

 

Ingrezzaは遅発性ジスキネジアのコントロールに有効な方法だ。売上は初年度の売上が4億ドルに達し、最近の四半期売上では7.2億ドルに達した。

長期的なピークの売上は20億ドルから25億ドルに達すると見込まれ、それは実現可能だろう。

Neurocrine Biosciencesは、最初に28万人の米国の中程度から深刻な患者に治験を行っており、医者はその効果から薬を処方することにより快適に感じるようになり、50万人の患者に対象を広げた。

精神疾患の患者はおよそ2百万人いると見られており、運動障害を抱えている。