アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

つみたてNISA100万口座突破と金融機関の顧客投信成績から考える投資 Part2

f:id:koto-x:20180111015511j:image

 

前回に続き、つみたてNISA投資をしていくに当たり、最近金融庁が公表した金融機関96社(銀行や証券会社)の投資信託「成績表」から参考にできる内容を見ていきたい。

 

・前回記事

www.investor-2018.com

 

成績表は金融機関ごとの顧客損益状況を指し、基準日は18年3月末時点とやや古いが、パフォーマンストップ10社及びワースト10社とその顧客運用損益プラス比率が興味深いので紹介する。

 

・トップ10社 (顧客損益がプラスの割合、比率高いほど良い)
1. コモンズ投信(98%)

2.レオス・キャピタルワークス(91%)

3. セゾン投信(85%)

4. 丸三証券(79%)

5. ソニー銀行(78%)

6. 野村證券(77%)

7. SMBC信託銀行(69%)

8. 秋田銀行(69%)

9. 静岡銀行(68%) 

10. 新生銀行(68%)

 

ご覧の通り、コモンズ投信、レオス・キャピタルワークス、セゾン投信の独立系投信会社が上位3つを占め、活躍が目覚ましい。

 

・コモンズ投信 Webサイト

www.commons30.jp

レオス・キャピタルワークス Webサイト

www.rheos.jp

セゾン投信 Webサイト

www.saison-am.co.jp