アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

(累計10万PV突破) つみたてNISA100万口座突破と金融機関の顧客投信成績から考える投資 Part1

f:id:koto-x:20180111015511j:image

 

昨日ついに当ブログの累計PVが10万を突破した。ブログ開始時にまず1万PVを目標に運営し、その次のステップとして10万PVを目標に運営してきた。

今回10万PVの突破で達成感を得た。引き続きご愛読頂ければと思います。

 

さて、先週、金融庁がつみたてNISA100万口座突破したと発表した。

下記リンク先にもある通り、昨年末につみたてNISA口座数は104万口座、買付額が927億円と右肩上がりで増えている。また年代別では20代、30代、40代が7割を占める。

 

ただ、2014年にスタートした本家NISAが、既に1142万口座を突破し、買付額が15兆6290億とまだまだスケールが小さいので、今後の拡大に期待したい。

 

・つみたてNISAの記事

www.itmedia.co.jp

 

つみたてNISAで投資できる投資信託は、長期投資に適している商品に限られているが、その商品選びの参考になる記事が日経新聞に今週出ていた。

 

・日経新聞の記事

www.nikkei.com

 

上記記事によると、金融庁の要請に応じ、金融機関96社(銀行や証券会社)が販売した投資信託の「成績表」を開示した。

成績表は顧客の損益状況のことで、金融機関によって、顧客の損益割合がプラスの割合が100%近い所もあれば、その割合が24%(=76%の顧客はマイナス損益)という所もあり、各社各様であった。尚、損益評価の基準日は18年3月末時点。

 

昨年11月に紹介した記事では、同様の内容を公表したのは36事業者だったが、今回対象範囲が広がり、より投資家の参考になる情報が出てきた。

 

・前回のNISA記事

www.investor-2018.com