アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ ファンドマネジャー調査にみる投資見通し(2)

f:id:koto-x:20180109083726j:plain

 

昨日に続いて、米国の金融機関バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(以降、BAML)のファンドマネジャー調査の内容を紹介する。

www.investor-2018.com

 

昨日のロイターのニュースから4つのポイントを紹介したが、英語版ニュースでは更に詳しく紹介されており、そこから大きな括りでの気になるポイントを3つを紹介する。

より細かい括りでのポイントは別途記事をアップロードする。

 

fat-pitch.blogspot.com

 

1. グローバルで投資環境 Exibit 2 The Longs & Shorts relative to Global FMS history

→過去と比較すると11月は、ファンドマネージャーが現金を選好しており、株式はニュートラル。株式では米国株が選好(Overweight)、一方欧州株は非推奨(Underweight)。

 

2. 現金ポジション Exibit 5 Global FMS cash balance vs S&P

→過去10年平均が4.5%に対し、11月は4.7%と高い。水準としては、4.5%超えると株式を売却する水準(正確には逆張り投資家が株式を購入する)、3.5%を下回れば購入する水準(正確には逆張り投資家が売却する)。

 

3. グローバル株式 Exibit 24 Net % AA say they are overweight Equities

→2018年1月に強気に転じて+55% overweightになって以降、グローバル株式は下落し+31% overweightのニュートラルな水準に転じた。