アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

個人投資家お勧め 米国機関投資家の19年4-6月売買動向 Part 4

f:id:koto-x:20180111022203j:plain

 

昨日に続き、SBI証券の米国機関投資家の動向に関する記事が興味深かったので紹介する。今回が最終回。

 

・これまでの紹介記事

 

今回は米国の機関投資家が四半期ごとに提出する保有株式報告書「13F」から、市場関係者注目の機関投資家タイガー・グローバル・マネジメント、バウポスト・グループの売買動向の内、売りと上位保有株式をピックアップする。

 

まずタイガー・グローバル・マネジメント。

ハイテクセクターのスポティファイ テクノロジー SA(SPOT)、ブッキング ホールディングス(BKNG)、JD ドットコム ADR(JD)と、ストーン A(STNE)を売却した。

 

(参考記事) JD ドットコムとは

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

 

上位保有株式は、マイクロソフト(MSFT)、フェイスブック A(FB)、JD ドットコム ADR(JD)、アマゾン ドットコム(AMZN)、フィアットクライスラー(SBI取り扱いなし)。

 

(参考記事) ストーンAとは

yantblog.com

 

次はバウポスト・グループ。

セルジーン(CELG)、パイオニア ナチュラル リソーシーズ(PXD)、クォルボ(QRVO)、シンクロニー ファイナンシャル(SYF)、シンクレア ブロードキャスト グループ A(SBGI)を売却した。

 

そして株式保有上位には、メディアセクターのリバティグローバル Y(SBI取り扱いなし)、フォックス A(FOXA)と、ビアサット(VSAT)、イーベイ(EBAY) 、シェニエール エナジー(LNG)。