アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ ファンドマネジャー調査にみる投資見通し(3)

f:id:koto-x:20180109083726j:plain

 

昨日に続いて、米国の金融機関バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(以降、BAML)のファンドマネジャー調査の内容を紹介する。

www.investor-2018.com

 

今回は、英語版ニュースから細かい括りでのポイントを紹介。

一旦、BAMLのファンドマネージャー調査2018年11月分からの紹介は終了。

fat-pitch.blogspot.com

 

1. 米国株式 Exibit 32 Net % AA say they are overweight US Equities

→2017年9月投資家は米国株に弱気になり、アロケーションは過去10年で最も低い水準になったがそれ以来パフォーマンスが良い。ファンドマネージャーは、高評価(overweight)になり、11月は+14%のoverweight評価。

 

2. 欧州株 Exibit 33 Net % AA say they are overweight Eurozone Equities

→2016年7月に過去3年ではじめて低評価(underweight)になって以来パフォーマンスが良かった。昨年は欧州株が過剰に高評価を受けたが、パフォーマンスは悪かった。

そして11月は僅か+1%のoverweight評価で、2年来の低いレベルに止まった。

 

3. 新興国株式 Exibit 34 Net % AA say they are overweight GEM Equities

→2017年1月に-6%のunderweightに下落し、株式は売り(正確には、逆張り投資家のロングポジション)になって以来パフォーマンスが良かった。4月にはアロケーションが+43% のoverweightへと7年来の高さに達した。18年11月にアロケーションは、-13%のoverweight評価になり、現在ニュートラル(可もなく不可もなし)。