アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

米国株への投資のタイミング考察 - 中間選挙、米国金利、恐怖指数等

f:id:koto-x:20180111022203j:plain

 

いよいよ日本時間今日午後には世界が注目する米国中間選挙の結果大勢が判明する。

アイデア投資家は、10月10日米国市場暴落をきっかけに、株式市場のボラティリティ変動を懸念し、株式保有割合を調整してきた。(ハイテク株、中小株の一部を売却し、現金保有割合を高めた)

 

そして、再エントリーのタイミングを検討していたのだが、まずはこの米国中間選挙後の11月を考えている。引き続き、10月暴落の引き金になったと言われる米国金利(10年債権利回り)の上昇は注意深くみる必要(11/6時点で10/10暴落時と同水準)があるが、下記で紹介する株式市場のボラティリティが沈静化しつつあるからだ。

m.jp.investing.com

 

・VIX恐怖指数の推移
10/10 22.96←暴落1回目
10/11 24.98
10/12 21.31
10/15 21.30
10/16 17.62
10/17 17.40
10/18 20.06
10/19 19.89
10/22 19.64
10/23 20.71
10/24 25.23←暴落2回目
10/25 24.22
10/26 24.16
10/29 24.70
10/30 23.35
10/31 21.23
11/1 19.34
11/2 19.51
11/5 19.96
11/6 19.91←今日ここ

 

 

nikkei225jp.com

 

どのセクター、企業への投資が良いかは各種情報源にあたりながら検討しており、VIX恐怖指数の更なる低下を見極めながら、改めて紹介する。