アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

米国株式市場11月12日の大幅下落と恐怖指数推移について

f:id:koto-x:20180207011050j:plain

 

11/6に米国中間選挙(US Mid term election 2018)が終わり、政治的な不安要素は消え、不安定な相場が、安定的に移行するかと思われたが、ここに来て米国市場で下落。

 

米国株式市場で11月12日(現地時間)に起きた大幅下落について、米国市場続落の1つの見方として、Motley Foolの記事”What Happened in the Stock Market Today”から紹介する。

 

・株価の下落は、投資家の間でのグローバルエコノミーへの懸念が生じた為。

指数  下落率(前日比) 下落ポイント(前日比)
ダウ工業指数 (2.32%) (602.12)
S&P 500 (1.97%) (54.79)

  

・特にハイテクセクターの下落が酷かった。

ハイテクセクターETFであるTechnology Select Sector SPDR ETF ▲3.5%。

また、半導体セクターETFであるiShares PHLX Semiconductor ETF ▲4.5%となった。

 

さて、投資再開の指標として注目しているVIX指数の推移。

VIX指数は米国S&P500を対象とするオプション取引の値動きを元に算出・公表。

今朝時点で20.45ポイントと節目と言われる15ポイントを大幅に上回り、再び不安定な相場入りの兆候があるので、ウオッチしていく。

 

・VIX恐怖指数の推移(11月)
11/1 19.34

11/2 19.51

11/5 19.96

11/6 19.91

11/7 16.36←米国中間選挙 結果発表

11/8 16.72

11/9 17.36

11/12 20.45←大幅下落

nikkei225jp.com