アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

(株式市場急落)米国市場が震源地だが、日本含むアジア各国にマイナス影響広がる


f:id:koto-x:20180207011050j:image
 

それは突然始まった。

先週金曜2/2の米国市場で、NYダウが665.75ドル安の2万5521ドルになったのを皮切りに昨日月曜は日経平均が、592円安の2万2682円になった。

 

これで収まるかと思いきや、2/5はNYダウが過去最大下げ幅1,175.21ドル安で、2万4346ドルになり、2日連続で大幅下落となった。

この影響を受けて日経平均もつられて大幅続落1071円安の2万1610円となり、ショックと動揺が投資家の間に広がった。

また今回の株式下落は、下記リンク先”世界の株価”を見て頂くと一目瞭然だが、日米の市場に限った話ではなく、特にアジアの株式市場にもマイナスインパクトを与えている。ただし、ダメージが最も大きいのは下落率から見て日本市場のようだ。

www.nikkei.com

 

<世界の株価>

 

ここまでの急落を予想・想定できた方は少なかったのではないだろうか。

 NYダウの下落は諸説ささやかれている。例えば、それまで10ポイント前後で推移していた恐怖指数と呼ばれるVIX指数が急にはねあがり、その指標を参照していた市場参加者や売買プログラムが反応し、荒い値動きになったという推定だったり、昨年11月から急ピッチであげてきて売りのエネルギーが溜まっていてそのタイミングを探していた所、何かのきっかけに連鎖的に広がった、等々である。

 

ちなみに上記であげたVIX指数は、2月7日午前0時時点(日本時間)、2時間前につけたピークの49ポイントから急落し、23ポイント前後で推移している。つまりパニック的な動きが少し緩和してきている。

www.bloomberg.co.jp

 

 

いずれにしても、今後を占う上での最重要なポイントは、今夜の米国市場の動向であろう。3日続けて、株価が下落すると、売り圧力が強まり、売りが売りを呼ぶ循環になる可能性があると見ている。

2月7日午前0時半時点(日本時間)のダウ平均は、26ドル安の2万4,319ドルとなっており、この日の取引がプラスor マイナスで終わるのか、

テクニカル分析で三羽烏(下記リンク先)と言われる売りのサインの出現可能性もあり、大変興味を持ってウオッチしている。

finance.yahoo.com

 

<三羽烏(三羽ガラス) | 売りサイン(天井圏) | 酒田五法 / 株初心者講座【株ちゃお】>