アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

米国株式市場の暴落@10月10日は何によってもたらされたか?

f:id:koto-x:20180207011050j:plain

 

米国株式市場で10月10日(現地時間)に起きた大幅な下落。今年2月以来の大幅な下げとなった。その際の当ブログ分析記事は下記をご参照。

www.investor-2018.com

 

 

今回は、米国市場暴落の背景をMotley Foolの記事”What Happened in the Stock Market Today”から概要を紹介する。

 

・株価の下落は、投資家の間で米国金利上昇による警戒が高まり、インフレへの懸念が出ている。日本時間10月11日11時12分時点で3.154%まで上昇している。

指数  下落率(前日比) 下落ポイント(前日比)
ダウ工業指数 (3.15%) (831.83)
S&P 500 (3.29%) (94.66)

 

m.jp.investing.com

 

・すべてのセクターで下落が見られたが、特にハイテクとエネルギーが最も酷かった。

ハイテクのETFであるTechnology Select Sector SPDR ETF ▲4.9%、エネルギーのETFであるSPDR S&P Oil & Gas Exploration & Production ETF ▲4.6%下落となった。

 

 

最後に、当ブログで何度か取り上げたVIX指数の動向も紹介する。

米国S&P500を対象とするオプション取引の値動きを元に算出・公表されているが、

今朝時点で22.96ポイントと節目と言われる20ポイントを上回り、前日比で7ポイントアップでボラティリティが急上昇しており、この傾向が続くのかウオッチしていく。

nikkei225jp.com