アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ

米国株 NICE Systems(NASDAQ: NICE)に追加投資実行 後編

 

f:id:koto-x:20180111022203j:plain

  

昨日に続き、コールセンターSaaSのリーダー企業NICE Systems(NASDAQ: NICE)への投資検討に至った投資サービスMotley Best Buy Nowの推奨理由を紹介する。

 

・前回の紹介記事

www.investor-2018.com

 

それでは推奨理由を紹介する。

 ・直近の四半期決算では、NICE Systemsの売上の80%はサブスクリプションベースになった。2.5万以上の顧客を持ち、Fortune 100企業の85%が利用している。

 四半期の売上は、昨年度比較で4%増えて、4億ドルに達した。経営陣は、Total Available Marketを示す、製品やサービスの獲得可能な最大市場規模を、現在65億ドルと見積もっており、それが 2025年には170億ドルへと成長すると予測している。

 

・COVID19の感染拡大は、ビジネスのあり方に変化・再考を促し、彼らは顧客サービスへのアプローチを在宅環境から行うようになった。

NIEC SystemsのCXoneを使用した企業の非常に多くが継続利用し、高いコンバージョン率を記録した。およそ80%の企業が課金サブスクリプションを利用し続けている。

もう1つの成長サインとして、ある新規顧客は9万のコンタクトセンターエージェントを世界中に抱えており、NICE SystemsのクラウドベースのCXoneを顧客サービスプラットフォームとして使おうとしている。

僅か15%の企業が現在クラウドベースのコンタクトセンターを利用しており、非常に大きな成長機会がNICE Systemsの目の前に残されている。