アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ

米国株 NICE (NASDAQ: NICE)に投資実行 (4)

 

f:id:koto-x:20180111022203j:plain

  

昨日に続き、クラウドベースの顧客エンゲージメントや経済犯罪対策の自社運用サービス提供するコールセンターSaaSのリーダー企業NICE (NASDAQ: NICE)への投資に至った投資サービスMotleyの推奨理由を紹介する。

  

・前回の記事

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

 

それではコールセンターSaaSのリーダー企業NICE紹介する。

 

・顧客に向ける視線

 AIが顧客のパーソナリティを予測し、最適なルートに導く。ボットが自動で反復的なプロセスを予測する。

コンタクトセンターのソフトウェアビジネスは、伝統的に自社運用型で、大規模の占有データベースを必要とし、これらの能力を支えた。そして、クラウド革命が訪れた。

 

NICEはクラウドのビジネスに本格参入したのは、2016年に買収したinContactによるものだ。同じ年、最も近いライバルのGenesys Internationalは、クラウドコミュニケーションをリーダーを買収した。それがInteractive Intelligenceで、同じ目的によるものだ。

 

・クラウドに分けいっていく

後に続くトランスフォーメーションはドラスティックである。NICEのクライアントの僅か5%がクラウド経由だった。それが2019年の第三四半期には39%に上昇した。

CXoneという新しいCCaaSのプラットフォームにより、全体売上の40%を占めるまでになった。短期間でのこれだけのシフトは素晴らしく、NICEの勢いはこれからも続くだろう。