アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ

米国株 NICE (NASDAQ: NICE)に投資実行 (5)

 

f:id:koto-x:20180111022203j:plain

  

昨日に続き、クラウドベースの顧客エンゲージメントや経済犯罪対策の自社運用サービス提供するコールセンターSaaSのリーダー企業NICE (NASDAQ: NICE)への投資に至った投資サービスMotleyの推奨理由を紹介する。

  

・前回の記事

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

 

それではコールセンターSaaSのリーダー企業NICE紹介する。

 

・クラウドに分けいっていく

売上の加速に加え、クラウドへの移行はNICEの営業利益の改善にも貢献している。

マーケティング活動費用に、売上の相当割合を割く状況下でも。

売上の74%が繰り返し(recurring)によるもので、将来の売上の確実性がある。

これに加え、AdobeのようにNICEがクラウドへの引き続きの移行によって生じるベネフィットを期待している。

それは年を追うごとにゆっくりと伝統的な設置費用がなくなり、繰り返しの売上を益々に獲得し、収益性を新しいモデルにより改善することだ。

 

2023年終わりまでに、経営陣は20億ドルの売上を予想しており、大半はクラウドによるもので、目標の営業利益率は30%以上だ。加重平均した年率成長率は6%以上であるが、我々はそれを上回ることができると見ている。

もしそうならなくても、利益はより早く成長するだろう。

会社が2019年ガイダンスとして出した1株当たりの調整後利益USD5.23を使って、現在の株式の倍率を見ると31倍である。