アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

(参加レポート) プロのファンドマネジャーが教える 投資信託で資産形成するなら知っておきたいことPart2

f:id:koto-x:20180109072803j:plain

 

投資セミナー「プロのファンドマネジャーが教える、投資信託で資産形成するなら知っておきたいこと」に参加したので、昨日に続きレポートする。

 

・プロのファンドマネジャーが教える投資信託で資産形成するなら知っておきたいこと

note.mu

 

・前回の記事

www.investor-2018.com

 

 

農林中金インベストメンツCIOの奥谷一成氏は、株式投資を通じて得られる教養として、下記4つをまず挙げた。


1. 企業戦略 事業領域、ビジネスモデル
2. 産業構造 競争環境、バリューチェーン
3. 市場 金利、マクロ環境
4. 会計 財務散票、ファイナンス思考

 

・時間を見方につけよう
奥谷氏はベンジャミン・グレアム氏の言葉を引用した。
「短期的には人気投票の場にすぎないが、長期的に見れば価値の計測器として機能する」


次に、農林中金インベストメンツの投資先企業として、Nike<NIKE>の半年間の株価は上下変動していたが、過去15年の株価推移は利益の増加と共に伸びたことを示した。

 

・価値が増大する企業とは

農林中金インベストメンツは、売らなくていい会社の株式しか買わない。
構造的な強靭な企業とは、付加価値の高い産業、圧倒的な競争優位性、長期的な潮流の3つを満たす企業。

 

投資事例としてスポーツブランドのNIKE
NIKEのピンクのランニングシューズがその一例で、マラソンする人の疲労を4%抑えられる。これを使わない理由がない。これを参入障壁と呼ぶ。