アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

日本株 任天堂に投資実行

f:id:koto-x:20180120080959j:image
 

以前当ブログで紹介した家庭用レジャー機器の製造・販売を手掛ける任天堂<7974>に、世界各地での年末商戦での成長に期待し、昨年末投資した。その魅力を以下に3つ紹介する。

 

www.investor-2018.com

 

・魅力その1 新しいゲーム機とソフトの販売が絶好調

任天堂は、昨年12月に発売後9ヶ月(2017年3月発売)で、Nintendo Switchの累計販売台数が1000万台突破したことを発表。Switchの「いつでも、どこでも、誰とでも楽しめるをコンセプトに、順調に普及している。

ただし、大ヒットしたWiiに比べると、北米・欧州・国内の販売ペースを緩やかである。

また、17年4月~9月の間にミリオンセラー@全世界になったソフトが4つあり、多い順に並べると、マリオカート8 デラックス(470万本)、マリオカート8 デラックス(442万本)、Splatoon 2(361万本)、ARMS(135万本)と、根強い人気を誇るソフトが並んでいる。

 

・魅力その2 スマートデバイスとニンテンドー3DSも堅調

2017年第 2 四半期の決算説明会資料を見ると、スマートデバイスでは、スーパーマリオランが累計2億DL記録し、海外からが90%を占め、全世界での幅広い人気を見せた。

3DSは、販売のピーク(2013年度1395万台)を過ぎたが、2017年度は727万台を売上げ、業績に貢献している。

 

・魅力その3 将来中国でゲーム機販売開始すれば、高成長期待できる

決算説明会の質疑応答でも、「Nintendo Switch を中国で販売予定あるか」や「来期ぐらいにスマートデバイス向けタイトルを中国で配信可能になるのか」といった質問が寄せされており、任天堂は可能性を研究中、パートナー選びも含め引き続き交渉中と述べている。

これがある日、発売解禁となれば、株価上昇も期待できるだろう。

 

第 2 四半期決算説明会資料 質疑応答

https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2017/171101.pdf

 

任天堂 株主・投資家向け情報

www.nintendo.co.jp