アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

日本株 任天堂<7974>に投資実行 (3)

f:id:koto-x:20180120080959j:plain

 

 

前回に続き、任天堂の魅力をMotley Foolから紹介する。

 

・記事紹介

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

 

Switchは2017年3月に発売され、Wiiの売上の軌跡を辿っており、現役モデルはペースを上回っている。その理由はSwitchが幅広い産業のゲーム機の売上がこの10年で初めて上向いた。
自宅のテレビ画面とモバイル機の両方で遊べるハイブリッド型としてデザインされているが、最も重要な事として、任天堂と第三者パーティーの多数のゲームライブラリーをサポートしている。
2017年終わりには320のタイトルがSwitchの為に発売され、同じ時間軸でWiiで発売された120タイトルより充実している。

 

経営陣の戦略として任天堂の知的所有権をより多くの人の手に届けようとしている。
知的所有権は時代を超越した魅力があり、任天堂はアップアンドダウンがあるが、長期間に渡り成功してきた。
1889年に設立され、カードゲームを販売していたが、1970年にビデオゲームを手掛けた。その大半の歴史において、創造物を保護する姿勢で、マリオのように任天堂のシステム以外で遊べなかった。
しかし2016年に戦略を変更し、ポケモンGoをiPhoneやAndroidで発売し、その翌年にはスーパーマリオランを発売した。