アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

IPO投資2019 米国超大型上場企業ウーバーテクノロジーズ<UBER>に関する紹介記事ピックアップ

f:id:koto-x:20180109083435j:plain
 

先月米国市場に上場したZoom Video Communication<ZM>とPinterest<PINS>に関する記事を紹介した。

 

・紹介記事

www.investor-2018.com

・Zoom Video Communication<ZM>の株価チャート

stocks.finance.yahoo.co.jp

・Pinterest<PINS>の株価チャート

stocks.finance.yahoo.co.jp

 

今日は、いよいよ明日5/10(金)米国市場に上場するウーバーテクノロジーズ<UBER>に関するネット証券の記事を紹介する。

 

まずは、マネックス証券に掲載された事業内容、業績推移に関する紹介。

info.monex.co.jp

 

次いで、広瀬氏によるウーバーの営業データ、競合Lyftとの業績指標の比較記事。

配車サービス業界でのウーバーとLyftの規模感や、アクティブユーザー数/売上/利益面での強みと弱みが、グラフや説明を通して把握できる。
media.monex.co.jp

 

 

続いて、SBI証券アナリストによる、各社の分析記事。

こちらは配車サービス市場規模や世界主要地域での推定移動距離が紹介されており、少し違った視点で、ウーバーの今後の成長性を把握するのに役立つ情報。

例えば推定移動距離は、現在マイカーの実働時間はオーナーの保有期間の5%未満で、95%の時間は駐車されているとも言われており、これが今後配車サービスでこの市場のいくらかを置き換えていくのであれば、成長余地を把握するのに役立つ。

site2.sbisec.co.jp

 

ユニコーン企業として、企業価値が世界最大(上場時の予想額8.9兆円~10兆円)と言われるウーバーテクノロジーズの初値, 時価総額がどう値付けされるのか、

その後の株価動向がどうなるか、市場の需給環境を把握する上でも注目したい。