アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

(書評紹介) 投資で一番大切な20の教え~賢い投資家になるための隠れた常識

f:id:koto-x:20171227010641j:plain

 

今日は投資仲間が書いた投資関係の書評の紹介。仲間の許可をとって、書評の一部を斜めフォントで引用する。

 

その本とは、米国の資産運用会社オークツリー(ティッカーシンボルOAK)の創業者ハワード・マークス氏の"投資で一番大切な20の教え賢い投資家になるための隠れた常識"。

stocks.finance.yahoo.co.jp

 

バリュー投資で著名な投資家でもあり、ウォーレン・バフェット氏もこの本を推薦している。

 

詳しくは、下記リンクの書評で確認頂きたいと思うが、本書のポイントは

とりわけ、いかに投資リターンを達成するかより、リスクをいかに限定するかに多くのページが割かれている。リスクについては、理解→認識→コントロールすることを3章を使って説明しており」リスク管理に関する考え方だろう。

 

アイデア投資家が書評で特に気になったフレーズは、下記である。

第5章”リスクを理解する”では、損失の確率を数値化するのが難しい点を考慮すると、リスク調整後リターンについて客観的指標を求める投資家にできるのは、シャープレシオに注目することぐらいと指摘。シャープレシオは、ポートフォリオの超過リターンをポートフォリオの収益率の標準偏差で割った比率で、ある程度合理性を持っており、今あるなかでは間違いなく最良の指標と一押しする。

 

10/10の米国市場暴落から始まった、ボラティリティのある不安定な相場環境では、この本から学べるアイデアはこれ以外でも多いと思われるので、書評の前編だけでなく、中編・後編もチェックしていく。

 

note.mu

note.mu

note.mu