アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ

米国株 SolarEdge Technologies (NASDAQ: SEDG)に投資実行 (3)

 

f:id:koto-x:20180111022203j:plain

  

昨日に続き、インバーター製造・販売するSolarEdge Technologiesへの投資に至った投資サービスMotleyの推奨理由を紹介する。

  

・SolarEdge Technologies紹介記事

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

 

それでは、主にソーラーシステム用途のインバーター製造・販売するSolarEdge Technologiesを紹介する。

 

・ソーラーシステムに搭載するインバータを選ぶアプローチとして、SolarEdgeが手掛けるのが3つの方法。それはオプティマイザーを全てのソーラーパネルに搭載する事。

これは独立して稼働し、あたかもパネルごとのマイクロインバータの役割をするが、中央制御のインバータも必要だ。

これにより2つの事を満たせて、1つがそれぞれのソーラーパネルの性能が最適化され、稼働状況が確認できる、またインバータ機能の重複もなく、コストを抑えられる。

 

・SolarEdgeとEnphaseは共にモジュールレベルでのパワー機器システム(MLPE)と呼ばれ、グローバル市場のシェアの95%を占めており、SolarEdgeはトップシェアだ。

パワー機器システムは、米国のカリフォルニア州では主流で、昨年は設置されたものの80%がそれに該当する。

ただ大半の市場では、シンプルなストリングインバータが主流で、グローバル市場では85~90%を占めている。

SolarEdgeは、インバータの世界市場ではまだ4%のシェアしかないので、成長余地はたくさんある。

 

・SolarEdgeの成長スケールは、価格を下げることで可能になり、ストリングインバータとのギャップを縮めることになる。SolarEdgeは粗利益のマージンを過去数年増やしながら価格低減を管理してきた。

National Renewable Energy Laboratoryという専門機関のデータによると、SolarEdgeの
パワー機器システムの製品は、EnphaseよりW単価$0.15で2017年は販売されていて、競争優位性があった。