アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

ふるさと納税のススメ 2017年

f:id:koto-x:20171229004600j:image

 

2018年もあと4日。年の暮れなので、普段の趣向を変えて、今回ふるさと納税について取り上げたいと思う。

株式投資家の中には、ふるさと納税経験者もいるかと思うが、未経験者向けに、概要を紹介します。

 

制度自体は、TVニュースや新聞でお聞きかもしれないが、地方自治体への寄付を通じて地域創生に参加できるので、

好きな自治体を応援できる。寄付金の使い道を選べるのだが、寄付者にもメリットがあり、それが返礼品と

呼ばれる特産品を始めとしたお礼である。

ここがポイントなのだが、寄付の上限額までであれば、申請書提出すると、所得税還付と個人住民税控除が

受けられ、実質的な負担額を2000円に抑えられる。つまり、ある人が5万円の寄付をして、そのお礼の品を

もらえる一方、その人の所得税・住民税が調整されて、僅か2000円でお礼の品をもらえるというお得な仕組み。

 

私自身は、ふるさとチョイスというサイトを使ってふるさと納税しており、そちらのHPを使って説明する。

個人の収入や家族構成により、寄付上限額が異なる為、まずは下記のシミュレーションHPでご確認頂きたい。

・ふるさとチョイス https://www.furusato-tax.jp/

・還付・控除限度額計算シミュレーション https://www.furusato-tax.jp/example.html

 

寄付先の選び方は、大まかに言って3つあり、1. 興味のある返礼品を選ぶ、2. お気に入りの自治体にする、

3. ふるさと納税を使った使い道で選ぶ、である。私は興味ある返礼品を選んで寄付したので、その概要を下記記す。

 

まず、こちらのサイトで、興味のある返礼品のカテゴリを選び、寄付額に対して還元率が良い自治体を見つける。

その上で、入手したい返礼品の自治体に寄付をする。還元率は、ふるさと納税の返礼品競争の過熱を機に、

総務相が全国自治体に還元率を30%にするよう通知した。

これにより還元率が低下傾向にあるが、それに従っていない自治体の返礼品は、還元率が高い。

私が選んだ寄付先に1つに静岡県西伊豆町がある。この自治体は様々なアクティビティを返礼品として提供している。

その中でスキューバダイビングに興味があるので、下記の寄付先にふるさと納税をした。

 

・ふるさと納税調査隊 http://furusato-r.net/

・静岡県 賀茂郡 西伊豆町 https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/22306

・絶景ビーチ黄金崎で潜る2ビーチガイド https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/22306/309139

 

いかがだっただろうか。ふるさと納税は、寄付限度額の期限が2017年、2018年と年ごとで設定されているので、

今年まだしていない方は、損する事はないので、是非ご検討頂くと良いでしょう。