アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ

米国株 JD.com (NASDAQ: JD)に投資実行 (9)

 

f:id:koto-x:20180111022203j:plain

 

前回同様中国2位のオンライン小売り企業JD.com (NASDAQ: JD)への投資検討に至った投資サービスMotley推奨理由を紹介する。なぜ今JD.comに投資するのか。

 

・前回までの記事

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

 

それでは企業紹介する。

 

なぜ今JD.comに投資するのか

第一四半期に中国のCOVID19の感染拡大を受け、JD.comの売上高は21%増加し、第二四半期には34%と成長が加速した。

商品取扱高は45%増加し、過去最高の成長を記録した四半期になった。

会社が最初に自立型の配達ロボットを用意したのは今年2月の武漢だった。

ハイライトすべきはそういった環境下でも顧客に価値を提供する能力だ。

我々は、会社が今年増加するユーザー基盤として、年間のアクティブ顧客が第二四半期で30%増加し、この傾向は今後もJD.comのサービスで成長継続する。

JD.comの株価は2020年利益の49倍の水準で安いとは言い難いが、我々は会社の加速する成長を見るとリーズナブルな水準で、僅かAmazonの価値の6%以下だ。

これはとても魅力的であり、クラウドはヘルスケアといった新しいビジネスを期待している。これらのビジネスはコア事業の小売ビジネスより利益のマージンはかなり良い水準に達する。