アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ

米国株 Globus Medical (NYSE: GMED)に投資実行 (3)

 

f:id:koto-x:20180111022203j:plain

  

昨日に続き、医療機器企業Globus Medical (NYSE: GMED)への投資に至った投資サービスMotley推奨理由を紹介する。今回はビジネス機会の全体像。

 

・前回までの紹介記事

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

 

・ビジネス機会の全体像

我々は筋骨格手術事業以外のより新しいGlobus Medicalの事業に強い関心がある。

2014年にExcelsius Surgicalを買収し、ロボットを使った手術プラットフォームであり、2017年にExcelsius GPSはアメリカ食品医薬品局の承認を取得し、画像やナビゲーションが搭載された最初のロボット手術システムを販売した。

低侵襲手術とロボットを用いた手術を今日ではより一般的な手法になりつつあり、例えばいくつかの手術方法として前立腺の手術やヘルニアの修復などがある。

しかし低侵襲手術での脊髄はまだ初期段階であり、それには理由がある。

最も早くシンプルな形態の低侵襲手術での脊髄は、蛍光板透視法というX線でオブジェクト内部のリアルタイム動画像を取得する技術使って、患者の骨や組織を捉え、外科医の動きのガイドやスクリューの交換を手助けする。

しかし、これらは患者とプロフェッショナルの外科医に放射線を、この技術を使わない場合に比べて最大10~12倍の被爆に晒される。

これは患者と外科医にとって懸念すべき課題で特に外科医は日々の手術で蓄積される。

彼らの安全確保の為、多数の外科医は伝統的な手法より低侵襲手術を使うことを好む。