アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ

米国株 Zoom Video Communications (NASDAQ: ZM)に投資実行 (4)

 

f:id:koto-x:20180111022203j:plain

  

昨日に続き、Zoom Video Communications (NASDAQ: ZM)への投資に至った理由を紹介する。今回はビジネス機会の全体像 について。

 

・前回までの記事

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

 

それではビデオコミュニケーションのプラットフォームサービスを提供する企業Zoom Video Communications紹介する。

 

・ビジネス機会の全体像 

なぜZoomは優れているのだろうか?

それはプラットフォームがビデオ向けという前提で作り上げられたからだろう。

WebEx やMicrosoft's (NASDAQ: MSFT)のSkype、Alphabet's (NASDAQ: GOOG)のGoogle Hangoutsのように全てをカバーするものとは違う。

創業者でCEOのEric Yuan氏はWebExの従業員だったときに、フラストレーションを経験した。

他のプラットフォームは最初にスライドやパワーポイント文書を共有する機能を音声コール時に使える機能としてつけた。それはWebExがCisco (NASDAQ: CSCO)を買収した後も同様で、本当の意味での改善にフォーカスされなかった。

その時Yuan氏はコーポレートのエンジニアリング副社長になっていた。Yuan氏はオフィスにいくのが恥ずかしくなっていった、それは顧客が全然幸せにならなかったから。

そしてそれが、Zoomでの活動で強く強調されている。

 

 (参考) WebEx, Skype, Google hangout

www.webex.com

www.skype.com

hangouts.google.com