アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ

米国株 DexCom (NASDAQ: DXCM)に投資実行 (6)

 

f:id:koto-x:20180111022203j:plain

  

肥満患者に対する継続的なグルコース監視システムを提供するDexCom (NASDAQ: DXCM)。

昨日に続き、投資に至った投資サービスMotleyの推奨理由を複数回に分けて紹介する。

 

・前回までの記事

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

 

それではグルコース監視システムの提供する企業DexCom紹介する。

  

・なぜDexComのリーダーシップを信頼しているか

社長、取締役議長、CEOであるKevin Sayer氏は2015年から会社を率いて、

最近の上昇軌道を監視しており、G5やG6モデルの導入も含まれる。

実際は、彼は2011年に入社し、G4モデルを導入前から継続的なグルコースモニタリングの領域を見ていた。

それらに加え、会社の集中領域を医者から消費者にシフトさせ、これによりユーザビリティの特徴を捉え、G6モデルが評判を得て、会社の成功を率いてきたと見ている。

 

この歩みは常に順調というわけではなかった。昨年の感謝祭の前後ではサーバーの停電を経験し、ユーザーがDexComのデータを直接プロバイダーに共有するのを妨げてしまった。

会社は成長の痛みとして、変更したデータプラットフォームとテクノロジーがうまくいかなかったことを記録に残した。それだけでなく、Sayer氏はパーソナルビデオでユーザーに謝罪し、安全策と改善するプラン概要を実行すると約束した。

我々はこの様な説明責任のあるリーダーシップを評価する。

DexComにとって筆頭のライバルは、巨大かつ多様なデバイス企業であるAbbottやMedtronicであり、非常にたくさんの領域でビジネスをしている。一方、DexComは特定の患者層に対して集中的なソリューションを提供している。