アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ

(参加レポート) アナリスト 今中能夫氏講演 楽天証券新春講演会 Part 3

f:id:koto-x:20180109072803j:plain

 

昨日に続き、新春講演会2020チーフアナリスト今中氏の講演の様子をお伝えする。

テーマは2020年のテクノロジー関連株相場を占う-  半導体、5G、ゲーム株の徹底分析

 

・前回までの記事

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

 
<半導体>

露光装置の最先端品の生産は、オランダASMLしかできず、日本のニコンやキャノンは存在感が落ちていく。半導体の材料であるシリコンの市況在庫はあるが、ロジック半導体とメモリ半導体の市場が回復すれば需要回復する。信越化学工業とSUMCOは先端品を手掛けるトップ企業なので投資チャンスある。

 

(参考記事) ASMLの紹介

www.americabu.com

(参考記事) 信越化学工業とSUMCOの紹介

media.rakuten-sec.net

 

<5G通信>

5G通信ビジネスの特徴として速度アップ・同時多接続・低遅延等があり、2020年から各国で市場が立ち上がっていく。

5G通信実現に一番必要なのは半導体、次に電子部品で村田製作所やTDKが関連銘柄。
基地局立ち上げ総務省の要請前倒しされていて、富士通やNECが関連銘柄。

5Gスマホは年間需要1億台という予想だったが、2~3億台になる可能性もある。現在スマホの年間需要14億台なので、切り替えによるビジネス拡大が見込まれる。

 

(参考記事) 5G関連銘柄

media.rakuten-sec.net

 

<ゲーム>

ゲームは今年ソニーがPS5出すので注目。
任天堂はSwitchがピークを打ち始めた。中国市場への参入は時間かかるだろう。
半導体銘柄としてのソニーを評価する動きがある。営業利益8000億円あり、製造業ではトヨタに次ぐ規模。過去は最高益出してもすぐに落ち込んだが、8000億円レベルを稼げる企業に変わった。

 (参考記事) ソニー「PS5発売年」の展望