アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

(参加レポート) ストラテジスト窪田真之氏講演 楽天証券新春講演会

f:id:koto-x:20180109072803j:plain

 

先週末参加した楽天証券主催の「新春講演会2020の様子をお伝えする。

 

・ファンドマネージャー石原順氏に関する記事

www.investor-2018.com
www.investor-2018.com

 

今回は楽天証券チーフストラテジスト 窪田氏による講演。

テーマは2020年日本株投資戦略。

 

・窪田氏プロフィール、連載記事

media.rakuten-sec.net

 

ポイントとしては、1つが長期投資の目線から日本株は買い場と判断していること。

もう1つがグロース株とバリュー株に分散投資しましょうということ。

 

まず、日本株は買い場と判断したのは、2つのポイントに注目したから。
1 つが配当利回り、もう1つが買収価値から日本株は割安と判断。

東証一部の予想PERは15.8倍と過去の平均より低く、長期金利と東証一部配当利回りの方が利回り高く有利。例えば、TOPIXコア30銘柄で配当利回りトップ5<株価基準は19年11月末>を並べると、いずれも4%以上と高利回り。

・日本たばこ産業<2914> 6.2%

・三菱商事<8058> 4.6%

・三井住友FG<8316> 4.5%

・みずほFG<8411> 4.4%

・三菱UFJ FG<8306> 4.3%

 

買収価値は不動産各社の含み益に注目。

賃貸不動産の含み益を、2019年3月末時点の有価証券報告書及び決算短信から集めると下記4社は含み益が1兆円を超えている。

1. 三菱地所<8802> 3兆8984億円

2. 三井不動産<8801> 2兆7496億円

3. 住友不動産<8830> 2兆7033億円

4. JR東日本<9020> 1兆4661億円


きっかけは、ユニゾHD<3258>の敵対的買収。
マクロ環境でも平均賃料が上がり、空室率が低下しており、ユニゾHDの2019年3月末時点の有価証券報告書によると賃貸不動産の含み益は1363億円あり、そこに目をつけた投資ファンドやHISなどが買収合戦を始めた。

 
(参考記事) ユニゾHD買収騒動の最新動向