アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

(参加レポート) 為末大氏x御立尚資氏対談 お金のEXPO2019 Part1

f:id:koto-x:20180109072803j:plain

 

先週末Moneyfoward主催の「お金のEXPO2019」に参加したので、その様子をお伝えする。

 

・お金のEXPO2019

moneyforward.com

 

まずお伝えするのがオープニングセッションの為末氏と御立氏の対談。

テーマはデジタル時代のお金との付き合い方。

為末氏は元プロ陸上選手、御立氏はボストン コンサルティング グループ シニア・アドバイザー。

 

・為末氏

tamesue.jp

・御立氏

www.bcg.com

 

御立氏が為末氏に質問する形でセッションは進行。

為末氏にとってのお金とは余白のようなもの。
スポーツで言うモチベーションのようなもの。


為末氏はスポーツ選手のインタビュー見ていて、モチベーションの持ち方として何々しなければ、勝たなければ、メダルを取らなければという意識になっていると、長く保つのが難しい。プレっショーを強く感じているような発言はそれに当たると分析。

 

数年先までモチベーションを増やそうとするにはという御立氏からの問いかけに、勝負だけだと神経がすり減るので、オリンピック出場経験のある選手は4年だと長いので、
一旦違う競技をやることがある。為末さんの場合も、400mハードルでなく短距離走をしたという。


目的の1つはスピードアップだったが、もう1つは常にプレッシャーにさらされる勝ち負けの勝負を続けるのは神経がすり減るので、バランスを取った。

 

投資も同じようなことが言えるかもしれない。
稼がなければという気持ちで投資活動をし続けるのは難しい。