アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

米国投資メディアMotley Fool動画から探る米中貿易摩擦と中国株投資(1)

f:id:koto-x:20180120081217j:plain
 

当ブログで毎月紹介している米国株情報源の1つである投資サービスMotley Foolが、YouTubeでの情報発信にも力をいれており、先週公開された動画レポート”The China Stock Market: US Trade War Breakdown and Top Chinese Stocks"の概要を紹介する。

 

動画(英語)はここから確認できる。

m.youtube.com

 

まず、中国が経済成長でGDPの二桁成長を続けてきた。

最も素晴らしいのは、1970年から2015年にかけて平均12%成長し、中間層の拡大と購買力の増加が起きた。

 

Z世代の消費は他世代より多く、付加価値のある収入が大きなドライバーになっている。例えば、ライブストリーマー、デジタルギフト、バーチャルマネー・通貨がある。

 

この様な成長が起きていて、それはテンセントの世界。Facebookのようなメッセンジャーだけでなく、ゲームやエンターテイメントをアプリでできた。

またTiktokは世界で最もダウンロードされていて、ショートビデオが数多く再生されており、Vineのようなもの。

Pinduoduo<PDD>というEコマース企業は、集団購買でユーザーが更に安価に手を入れる様な規模の経済を活かしたサービスもある。

 

・テンセントの銘柄紹介

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

 

Pinduoduo

thebridge.jp

 

上海総合指数は過去5年で40%低下したが、米国投資家は中国企業に不安を持っており、お金を入れる場所としては良くない。

より政治的なツールとして上海証券取引所は位置付けられており、米国に上場する

百度、テンセント、アリババの方がよいだろう。

 

百度の銘柄記事

www.investor-2018.com

 

・アリババの紹介記事

www.investor-2018.com