アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

日経IR・個人投資家フェア2019 億り人投資家が本音で語る失敗から学ぶ達人の投資判断術Part3

f:id:koto-x:20180111015511j:image

 

昨日に続き、日経IR・個人投資家フェア2019の目玉講演会"億り人投資家が本音で語る失敗から学ぶ達人の投資判断術"の様子をお届けする。

 

・前回の紹介記事

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

 

1番痛い失敗に続きテーマは、立ち直ったきっかけ。
井村氏から話が始まり、2016年1月フィンテックバブルがあり、適時開示にブロックチェーンがキーワードにあるとどの企業も株価があがるという相場があった時の話。
1ヶ月で資産が3割増えた。1回当たり500万円投資しており、気づいたら1億円買っていた。資産5千万円だったので過剰な投資行動に、証券会社から本人確認電話が入った。


700万円損切りして、また1億円投資して、損するということが続いた。
その当時こどもが生まれ、損切りしながらこどもを抱えていたら、悲壮感ある表情から
子供に悪影響が出ると家族に言われ、数ヵ月して中長期スタンスの成長株投資に移行したのが転換点。

 

Daibouchou氏は、リーマンショックの時に不動産購入しようとしたが、2000万円足りず、家族や金融機関からの支えで、購入できた。不動産収入で回収できている。

困ったときにサポートが得られる環境を大事にしたい。

 

また、稼ぐという気持ちが最も重要。それが原動力で、10億円が6億円に減っても、稼いだからこそ6億円が残っている。株式投資で損失は避けられないので、いかに稼ぐかを意識している。

 

内田氏は人生を変えた書籍を1冊あげた。1997年6月エール出版から出版された"株で0から30億円稼いだ私の投資法"著者 遠藤四郎。低位株投資法、逆張り戦略が書かれている。

 

(参考記事) 遠藤四郎氏とは

www.cx-portal.com

 

当時、日本で金融危機が起こった頃に、低位株で安田信託や三井信託を購入したら、三井信託と中央信託が合併というニュースがあり、関連企業の株価が上昇し、9年間の損失を1年で取り戻した。

その後も毎年低位株投資で資金を2倍ずつ増えていった。この書籍に書いてあることは今でも通用するやり方と思う。

 

(参考記事) 低位株とは

www.smbcnikko.co.jp