アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

米国株 Okta <NASDAQ: OKTA>に投資実行 (6)

 

f:id:koto-x:20180111022203j:plain

  

昨日に続き、米国株Okta <NASDAQ: OKTA>への投資推奨理由を紹介する。

  

・前回の記事

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

 

リスクと株式の売り時
今年1月に話を戻すとOktaの株式はPSR 基準で見て、収益性が低いが非常に評価されていると述べた。
一方、伝統的な企業評価の手法が高品質で急成長の企業に上手くフィットしないかは議論の余地がある。
それが企業に、新しい顧客を獲得する、追加サービスを既存顧客に売り込むプレッシャーを与えている。

 

・Oktaは業界のリーダーだが、たくさんの競合がいて、そこにはMicrosoft (NASDAQ: MSFT), Oracle (NYSE: ORCL), IBM (NYSE: IBM)が含まれる。これらの企業は柔軟やOktaの独立性に対応できていないが、肩越しに注意深く動きを見ている。
もし市場シェアを落としたり、価格競争力を失ったら、それは強固なポジションに警告がなるときだ。

 

・投資のボトムライン
Kerrest氏と現CEOのTodd McKinnon氏が会社設立前、Saleforce.com (NYSE: CRM)で数年を過ごし、その時にクラウド企業として初めて年間100億ドルの売上を達成した、
以前のボスであり、Salesforce創業者のMarc Benioff氏から、Kerrest氏とTodd McKinnon氏は何か新しくて独立したサービスを作り上げる野心を得た。素晴らしいスターとを切ったが、我々は彼らが更に先に進むと考えている。