アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

日本株 任天堂<7974>に投資実行 (2)

f:id:koto-x:20180120080959j:plain

 

 

前回に続き、任天堂の魅力をMotley Foolから紹介する。

 

・記事紹介

www.investor-2018.com

 

・Switchingする
Stcok Advisorは任天堂との関係で歴史がある。この会社を買い推奨したのは2007年1月でWiiというゲーム機を発売した直後だった。その6年後にこの企業を売り推奨した。

 

・その時はハードウェアゲーム機にフォーカスし過ぎていた。Wiiが発売された2006年11月は最初に主力のゲーム機が椅子から解放して、プレイヤーの体の動きをジョイスティックやボタンと同じように使うものだった。これは当時最速で売れたゲーム機になると共に、最も台数が売れた。


しかしこれは、多くのカジュアルなゲーマーを引き付け、彼らは追加でたくさんのマージンが多いソフトウェアを買うことはなかった。最も売れたWiiのタイトルは、Wiiスポーツであり、ゲーム機本体に同梱されていた。
その翌年には、多数のカジュアルなゲーマーはスマホゲームへと移っていった。また他のゲーム機もWiiの動きを捉える機能を真似し、任天堂のゲーム機はスランプに陥り、Wiiの後継機種Wii Uは挽回できなかった。

 

あとの判断と共に、長期間保有したいと願ったが、すべてのプラットフォームのゲーム機売上は2008年~2016年に毎年減少し、それはスマホとPCゲームが広がったから。任天堂は2008年まで素晴らしい勢いだったが、2009年~2016年まで毎年売上減少した。