アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

米国株 Ollie's Bargain Outlet<NASDAQ: OLLI>に投資実行 (2)

 

f:id:koto-x:20180111022203j:plain

  

前回に続き、米国株のOllie's Bargain Outlet<NASDAQ: OLLI>への投資のきっかけとなった投資サービスMotleyでの推奨理由を紹介する。

 

・前回記事リンク

www.investor-2018.com

 

それでは、ディスカウント小売りのOllie's Bargain Outletの続きを紹介する。

 

・ 顧客の究極的なニーズとの合致

しかし、Ollie'sが店舗を持つエリアでは、経済的なチャレンジにより引き起こされる富の不平等があり、多くの消費者は単純にベストな価格を見つけることだ。

バーゲンハンターの消費者が楽しみたくないことを意味するのではない。

そういった領域こそOllie'sのビジネスモデルが輝く。

 

・小売店はクローゼットに陳列された商品や余分な在庫を製造パートナーから購入し、それを更に安い価格で再販売する。

例えば、Ollie'sは定期的に製造メーカーがたくさん作りすぎたり、パッケージを変更した際に安く仕入れる。

 

・また別の機会に、当社は小売りの在庫圧縮化に苦労している時に、積極的な役割を演じる。最近の例では、破産したおもちゃのToys 'R' Usでは新製品が溢れた。

その結果、楽しく、多岐にわたり、予想できない品揃えに繋がり、ショッパーにとって毎回が新しい冒険のようになる。

 

・Ollie'sはストアの飾り付けに時間を費やしたくない。Ollie'sに訪問し、前回見つけられず、次回来たときにはなくなりそうな新しいバーゲン品を見つけるチャンスや掘り出し物を求めることが起きている。

低価格と素晴らしいショッピング経験を組み合わせることがOllie'sの秘密で、たくさんの店舗が閉店したり、ビジネスをやめるときにディスカウント小売店として成長する。

 

・成長に満ちた将来

Ollie'sは拡大に向けた野心的なプランを持っている。CEO Mark Butler氏、37年前にOllie'sとして最初の売上をあげた人でもあるが、彼は2019年に42店舗から44店舗の新規出店を予定しており、長期的なゴールは950店舗である。

また2020年には、新しい配送センターのオープンを予定しており、これがビジネスの届く範囲を更に広げるはずである。