アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

米国株 Twilio<NYSE: TWLO>に投資実行 (3)

 

f:id:koto-x:20180111022203j:plain

  

米国株Twilio<NYSE: TWLO>への推奨理由を、1回目、2回目の紹介記事とは異なった視点から紹介する。

 

・前回までのTwilio紹介記事

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

 

・ 前回の紹介記事で述べた定量的な成績に加え、Twilio共同創業者でCEOのJeff Lawson氏に感銘を覚える。

彼は価値に基づくアプローチで、会社のミッションと彼のリーダーシップの用いて、トップダウンの説明責任を果たしている。それに従業員がフォローすることで大きな成功に至っている。GlassdoorでのLawson氏の評価は98%と非常に高評価を得ている。

 

・またLawson氏は、財政的な関与をしており、Twilioのトップの株主でもある。

7.5%の所有権を持ち、直近の株価では6.5億USドルに相当する。

CEOとしての報酬はわずか13.3万USドルで、ストップオプションと他の株式での支払いを見返りに依存している。Lawson氏の財政的インセンティブと株主たちの利害が一致している。

 

・他にもLawson氏はたくさんの野心を持っている。ただ栄誉を得るのではなく、Twilioのプラットフォームの拡張を広げようとしている。

最近20億USDで買収したSendGirid <NYSE : SEND>は、Twilioのプラットフォームサービスに、e-mailでのコミュニケーションを追加することで、更に増やそうとしている。

ギャップを埋めて、Twilioのtoolboxを作ることで、顧客にとって更に価値あるものになる。

 

・Twilioは他の関連サービスも含めて、顧客需要に応えている。

モバイル決済管理向けの支払いサービスの導入が、キーとなる要素で多数の顧客はお金の動きを促進させる為に望まれるだろう。そして、Flex contact centerという彼らのプラットフォームは、ユーザー自身が顧客との接触点を手掛けようとしている。