アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

会社四季報プロ厳選18年夏500銘柄 本命銘柄50からピックアップ(5)

f:id:koto-x:20180120081217j:plain
 

前回に続き、会社四季報プロ厳選18年夏500銘柄のメインコンテンツ”しっかり育つ日本株”から、本命銘柄50で1000億円以上2000億円未満の8社を紹介する最終回。

これは時価総額の大きい大型株より中小型の方が、上昇幅に期待でき、狙い目と考えた為。

 

・本命銘柄50で1000億円以上2000億円未満の企業紹介記事

www.investor-2018.com

www.investor-2018.com

 

1. 兼松<東証1部8020> 高値、高利回り、割安、上方修正、最高益、外国人 時価総額1452億円

総合商社から専門商社にシフト。電子、食糧、鉄鋼が柱に。資金効率改善へ。

株価見通し:9倍前後のPERや3%近い利回りなど指標なお割安で一段高の素地十分。

 

2. ゼンリン<東証1部9474> 高値、上方修正 時価総額1486億円

地図情報で圧倒的。住宅地図を全国展開。カーナビ向け電子地図データに強み。

株価見通し: 株価は16年12月起点の上昇トレンドが継続。

     上振れ期待や自動運転材料に今年1月に高値達成。調整したが、高業績好感し急伸。