アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

会社四季報プロ厳選18年夏500銘柄 本命銘柄50からピックアップ(2)

f:id:koto-x:20180120081217j:plain

 

前回に続き、今週発刊された会社四季報プロ厳選18年夏500銘柄のメインコンテンツ”しっかり育つ日本株”から、時価総額600億円未満で本命銘柄50に取り上げられた5社の内の2社を紹介する。

なお、本命銘柄50の企業の内、時価総額が1000億円以下だったのは5社。

1000億円以上2000億円以下は8社と、全体を見るとマイノリティだが、上昇幅の期待という意味では、狙い目とアイデア投資家は考えている。

 

1. HIOKI<東証1部6866> 最高値、最高益 時価総額582億円

電気計測器の中堅。電子測定器、現場測定器を積極展開。アジア販売強化。

株価見通し:株価は2月高値後足踏みも好業績手がかりに一段高。

     ただ12週線との乖離広がり過熱感台頭。 

 

2. 青山財産ネットワークス<東証2部8929> 高値 時価総額289億円

財産コンサル会社。資産家への運用や相続コンサルなどに強み。不動産は縮小へ。

株価見通し: 3月以降の高値圏でのもみ合い幅の同幅返し2930円台が目標。

     四半期ごとに上値を追う株価修正。