アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

IPO投資 ブックビルディング当選までの道のりと戦略

f:id:koto-x:20180109073050j:plain
 

年初に、2018年投資目標の1つにあげたIPO投資。

2018年1社目のMマート、2社目のジェイテックCは、ブックビルディングで落選したので、3月~4月の投資プランをIPO投資サイトを参考に作成。

 

まず、今後のIPOスケジュールは下記が詳しいので、こちらを参考に資金の用意と応募準備を考えた。

 

www.ipokiso.com

 

プランをたてる上の前提は、

1. IPO投資の落選が当たり前

 

2. 口座を持つ証券会社はマネックス証券、SBI証券、楽天証券

 

3. SBIのIPOチャレンジポイントをフル活用

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

 

4. 狙うはBランク以上の始値大幅アップが期待できる企業

→過去2年のIPOの成績をこちらのシートで確認したが、Bランク以上とBランク未満でパフォーマンスを比較した場合、明確な差が出ている。

www.ipokiso.com

 

それを踏まえ、まずターゲットとする企業のIPOは、3月27日上場のRPAホールディングス(6572)と3月28日上場のアジャイルメディア・ネットワーク(6573)。

 それまでにSBIのIPOチャレンジポイントを貯めるべく、下記IPOに申し込みをする。

 

3月15日上場 神戸天然物化学(6568)

3月16日上場 日総工産(6569)

3月16日上場 フェイスネットワーク(3489)

3月19日上場 共和コーポレーション(6570)

3月22日上場 SOU(9270)

3月23日上場 ファイバーゲート(9450)

 

信和(3447)とキュービーネットホールディングス(6571)は、大型上場で公開株式数が多く当選確率が高そうだが、初値が上がりにくいと考え、あえて応募を見送ろうと考えた。まずは、この考えてに沿って、3月は活動をする。