アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

米国株 2030年まで保有すべき3つの成長銘柄 Nike, Cintas, American Tower

f:id:koto-x:20171224222201j:image


Motleyの記事"3 Stocks You Can Safely Own Until 2030"で、3つの企業が安定的な長期投資先(2030年まで)

として取り上げられており、紹介する。

これら3つの企業に投資する人は次の25年であなたの資産が寝かされた状態にならないだろう。
もし2つの新しいカテゴリーに目を向けるならば、幸運である。我々は何人かの投資家たちに長期的に最良の銘柄を

聞いており、これを読めば、なぜ彼らがNike (NYSE:NKE), Cintas (NASDAQ:CTAS), American Tower (NYSE:AMT)が

良いと思うか分かるだろう。

 

1. ナイキはうまくやるだろう - Nike
ライバルのUnder Armourは、2017年に株式価値を半分失っているが、Nikeが同様の痛みをすぐに経験することを

心配する必要はない。スポーツ用ウェアと靴の巨人のビジネスは、株主が長期間保有することを安心させる

十分な健全さを保っている。
国際ビジネスを見ると、Nikeの売上のほとんどはそこで構成されており、20%以下のUnder Armourと対照的。

この多様な収入源は魅力的で、一方米国産業の最近弱みである。

国際的に深く浸透したプレゼンスが、急速に成長する新興国市場の獲得にも繋がる。
中国単体で、今日4億人がスポーツや運動を積極的にしており、Nikeは徐々にこの市場の規模が、米国の消費者の

10倍にまで拡大すると信じている。

手堅い需要がこれらの市場にはあり、イノベーティブな製品郡の充実と共に、Nikeの経営陣が2018年の売上が

安定的に成長するという業績予測に自信を持っている一因でありる。

次の5年は、イノベーティブな製品を早く投入すべきであるし、成長領域である高粗利の顧客への直接販売と

大衆に広告するのに十分な予算で、業績を高みに導く。


2. ゆったりとした成長の業界から株主価値を創造 - Cintas
富を得るのに、成長に革命的な新商品や確立された業界内で活発な企業である必要はない。
時々、成熟された業界でとても良く運営されていることもある。ユニフォームレンタルのCintasがそれである。
どんな企業もユニフォームや清掃サービス、コンプラ研修、緊急医療キットや安全装置は必要で、Cintasと馴染みが深い。
性産業を意味するわけではないが、望ましいビジネスの要素がたくさんあり、リカーリングビジネス、極めて高い

粗利益率のサービス、少しの資本でできる。

Cintasのビジネスで素晴らしいのは、これらの要素を持っていなかったが、経営陣が株主の長期的な価値を生み出す

為に構築した。その好例が、34年連続で増配し、フリーキャッシュフローを使って、自社株買いしている。
過去四半世紀以上に渡り、配当を3倍にし、株式発行数の30%近くを買い戻している。
これらの経営は、3%の売上成長、9.3%の1株当たり利益の成長を実現した。

また法人向けサービスに取り組んでおり、ビジネスは経済の分身であり、次の25年で不景気に陥ったら、影響を受ける。
もし起きても、経営陣は株主資本の為の良い行動規範を実践し、おそらく配当と自社株買いを継続するだろう。

 

3 . 無線ネットワークに勝者選ばず投資する方法 - American Tower
12年後も人々がまだ必要としているものが1つあるとしたら、それはモバイルの音声とデータサービスである。

生存に必要な食べ物やシェルターに加え、現代でスマホに並ぶ受けの良いものを見つけるのは難しい。
我々はIoT拡大の閾値に立っており、あらゆるデバイスが日常環境でデータ接続される。接続の大部分は無線で、

特にセルネットワークは、次世代の5G基地で立ち上げる。
これにより、1基地辺りのデバイスでサポートできる数は、既存の3G/4G標準より大幅に増えた。
しかしどの無線ネットワークがリードし、課金するのか確信できないが、筆者は American Towerに賭けている。

セルタワー無しで、急ぐと無線の将来はバラバラになる。
タワー経営の業界で、American Towerは、最大手の競合よりいくつかの方法で有利になっている。

それは営業マージンがとても豊かでリターンが資産や資本に比べ合致しておらず、幅広い収入源・キャッシュフローを持っている。
アジア・アフリカ・ラテンアメリカでの経済活動は、無線の基準で北米と同等レベルにキャッチアップしようと

試みており、インド・ブラジル・南アフリカにタワーネットワークを広げている。この業界での地位を確立し、

長期的な狙いをつけている。
筆者の考えは、American Towerの株式保有に関し、次の12年またその先に資産が寝かされた状態にならない。