アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

日米の若年層向け投資アプリ 株式投資をより身近に

f:id:koto-x:20171223192000j:image
 

Barrons拾い読み12 月11日号の記事"Tap and Trade: Apps Target Young Investors"は、米国ミレニアル世代向け

(1980年~2000年生まれ)の投資アプリについて書いており、日本にも同様のアプリ(One Tap Buy)があるので

併せて、魅力を紹介する。これらの投資アプリの特徴は、株式売買までのステップが簡素化され、取引コストも

抑えられており、投資の敷居を下げるのに貢献している。

 

1. 米国のミレニアル世代向け投資アプリ3つ
米国ではエイコーンズ(Acorns)、スタッシュ(Stash)、ロビンフッド(Robinhood)いうアプリがあり、エイコーンズと

スタッシュは、スマホでタップすると上場投資信託(ETF)や ETF 組み合わせたポートフォリオを単元未満から

売買可能でき、ロビンフッドは主に個別銘柄の取引がされている。

ちなみに、Acornsはドングリ、Stashは金・貴重品を隠す、Robinhoodはイングランドの伝説上の人物の意味。
ユーザー数は、ロビンフッド 約300 万人、エイコーンズ約 250 万人、スタッシュ約 150 万。18 歳~34 歳が

利用者に占める割合は、エイコーンズ約70%、スタッシュ約 60%、ロビンフッド4分の3強。

・エイコーンズ https://www.acorns.com
・スタッシュ https://www.stashinvest.com
・ロビンフッド https://www.robinhood.com

 

2.  日本版投資アプリ One Tap Buy
One Tap Buyは、2013年設立、2015年社名変更で現社名になったベンチャー会社で、同名のサービスを運営。

スマホで3タップ、1000円から株主というコンセプトで2017年第二四半期は、口座開設数が国内3位と

SBI証券・楽天証券に次ぐ規模になっている。
4種類のサービスを展開しており、One Tap Buy米国株・日本株は厳選した日米30社の株式への投資が

1000円単位からでき、まるごと米国株・日本株は、同じく厳選した日米のETFに投資できる。取引コストも

大手ネット証券と同程度。
このブログは米国の個別株中心に、投資アイデアを紹介しているので、One Tap Buyが取り扱う米国株30銘柄の内、

過去に紹介した記事のリンクを貼るので参考に頂ければと思う。

 

・One Tap Buy 米国株30銘柄の内、当ブログで過去紹介した企業
 

www.onetapbuy.co.jp


銘柄名(ティッカー)
1. アマゾンドットコム (AMZN)

investor-2017.hatenablog.com

investor-2017.hatenablog.com

investor-2017.hatenablog.com

 

2. アルファベット (GOOGL)

investor-2017.hatenablog.com

investor-2017.hatenablog.com

investor-2017.hatenablog.com

 

3. ボーイング (BA)

investor-2017.hatenablog.com

investor-2017.hatenablog.com

 

4. コストコ (COST)

investor-2017.hatenablog.com

 

5. ウォルトディズニーカンパニー (DIS)

investor-2017.hatenablog.com

 

 

6. フェイスブック (FB)

investor-2017.hatenablog.com

investor-2017.hatenablog.com

 

7. マクドナルド (MCD)

investor-2017.hatenablog.com

 

8. マイクロソフト (MSFT)

investor-2017.hatenablog.com

investor-2017.hatenablog.com

 

9. ナイキ (NKE)

investor-2017.hatenablog.com

 

10. スターバックスコーポレーション(SBUX)

investor-2017.hatenablog.com