アイデア投資家 資産運用と生活一工夫

資産増やす、生活を面白くするアイデア発掘中

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

あなたならどちらに投資するのか? Mastecard vs American Express

f:id:koto-x:20171219000916j:image

 

2つの企業への投資機会を比較検討するMotley Foolの記事、"Better Buy: American Express Company vs. Mastercard"を紹介する。

この記事によると、主に決済処理を手掛けるMastecard 、主にクレジットカード発行者のAmerican Expressの2社への投資検討した結果、17年11月時点では、バリエーションと長期での成長ポテンシャル、リスク・リターンから見てAmerican Expressを推奨。

(Mastercard (NYSE:MA)、American Express (NYSE:AXP). )

 

1. 支払い処理とクレジットカード発行の戦い

 支払い処理を主なビジネスとしており、自らはクレジットカードを発行しないが、中間的存在として、

 消費者や企業や銀行の間に立ち、サービスを提供する。

 例えば、消費者がカードで支払いを行い、銀行がそのお金を企業に支払いをする。このような取引を

 Mastecardの支払いネットワークが仲介する。彼らの収入源は、この支払い手数料である。

 American Expressは、内部に閉じた支払いネットワークを持つ。別の言い方をすると、中間的存在と

 銀行の両方をかねていて、American Expressは貸し手になり、企業に送金し、消費者に請求する。

 これによりカードの手数料収入だけでなく、未払の負債に対する利息、更にカード年会費から収入を得られる。

 

2. 成長性と今後のポテンシャル

 Mastecardは、直近の四半期決算で売上成長が18%、1株利益成長が24%と力強い成長を記録した。

 更に ポテンシャルとして、海外ビジネス、新しい技術を用いた決済があり、投資を重点的に行っている。

 一方American Expressは、利益の出ていなかったコストコとのpartnershipを解消し、Mastecard ほど

 ではないが、売上成長が9%、1株利益成長が25%だった。

 ただMastecardが海外市場への進出をあげており、長期の成長ポテンシャルがある。MastecardとVISAは

 国際的に知られたブランドだが、American Expressは知名度が低く、カードの普及度は4倍以上の差がある。

 

3. バリエーション

 Mastecardは成長の優位性があるが、その分株価にプレミアムがついており、

 PERでMastecardが35倍に対し、American Expressは18倍。

 

4. どちらに投資するべきか

 どちらの会社も非常に強固な支払い分野の巨大企業で、長期的にどちらの株式も悪化すること

 はないだろうし、グローバルで電子取引がすべての取引の10%以上を占めており、成長の機会が

 なくなることはない。

 その上で、筆者は、バリエーションと長期での成長ポテンシャル、リスク・リターンからみて

 American Expressを推奨している。American Expressは、内部に閉じた支払いネットワークを持っており、

 利益と利息の向上をできるポジションにいて、フィンテックへの投資を強力に推し進めている所も優位である。